前回「脱ポンコツ宣言」シリーズで試した、前屈に向かってあれこれしたり、ヨガしたりする中で気に入ったお手軽リリース方法をご紹介。

第2回の今回は【骨盤のリリース】!

*****

せっかくなのでMIKASAボールを使ったリリースシリーズで、骨盤もゆるめてみましょう、ということで。

まずは、骨盤・股関節の周辺の図(前からみた図)をネットからお借りして来ました。

今回は、腰椎の下につく仙骨(緑カラーの骨)と腸骨で形成される仙腸関節を緩めます。

関節、とはいえ動きはわずかです。しかし微差は大差。ほんのちょっとの動きで不具合につながります。

 

%e9%aa%a8%e7%9b%a4

前屈時は、骨盤が前傾方向に動く必要がありますが、私は前傾方向の動きが執拗に硬かったので、

骨盤の前傾運動も練習しました。運動前にリリースをすると、動きやすかったです(^^)

 

***

仰向けに寝たら、骨盤の真ん中(仙骨のあたりをイメージして)にボールをセット!

mikasa%ef%bc%bf%e4%bb%99%e9%aa%a8%e3%82%b3%e3%82%b3

mikasa_%e4%bb%99%e9%aa%a8

2∼3分乗っかっとくだけ。膝は立てておきましょうね。

 

また、これは女性の方に特におススメ!

骨盤底の真下にボールを置いて、また1~2分あぐらで座っとくだけ。この骨盤底筋群が硬くなっている方は最初は少し痛いかもしれません。あぐらにこだわらなくても正座でもOKです(^▽^)/

mikasa_%e9%aa%a8%e7%9b%a4%e5%ba%95%e7%ad%8b

ボールをどけた後の、ふわっとする感じに「おぉ—♡」と実感することでしょう★

 

***

前屈する時は、太腿の裏(ハムストリングス)の硬さに着目してしまうのですが、体が硬い人はひとつの筋肉だけ単独で硬いわけではなく、周辺の筋肉も同じく硬いことが予想されます。(もちろん個体差ありますが)

また、動かせていなかったりもします。

 

***

 

もひとつおまけ。

ボールを挟んでキープ!

手は後頭部に組んで、息を吐きながらおへそをのぞき込むように上体を起こしてきます。腰が反らないように、おへそをマット側にぐ~っと力を入れておきましょう。起きるのは肩甲骨位まででOK。

mikasa_%e5%86%85%e8%bb%a2%e7%ad%8b

そう、前屈には腹筋も必要なのです・・・!